特徴を把握してから依頼しよう

>

デメリットやメリットを学ぶ

24時間経営している業者

朝から大掃除をしていても、終わるのは夜になってしまうかもしれません。
大掃除で出た不用品を、処分したいと思った時は業者に連絡しましょう。
業者は、24時間依頼を受け付けているところが多いです。
深夜に大掃除が終わって、それから業者に連絡しても間に合います。
日を改めてから連絡しようと考えることはやめてください。
結局忘れて、不用品が自宅に残ります。

引っ越しのために部屋を片づけている人は、時間を有効に使わなければいけません。
行政は不用品を回収できる日や時間帯が決まっているので、すぐ処分したい時には使えません。
早く不用品を処分することを優先するなら、業者を使ってください。
経営時間を調べて、24時間経営だったら連絡しましょう。

高齢者や女性に向いている

行政に不用品を回収してもらう際は、自宅に来てもらうことはできません。
指定された回収場所に、自分で運ぶ必要があります。
回収場所を調べてから、行政に連絡してください。
遠い場所では持って行くのが大変になりますし、大きな家具や家電は疲れてしまいます。
高齢者や女性は、なかなか不用品を処分できないかもしれません。

業者は自宅まで来てくれるので、安心して任せてください。
家具や家電を部屋からトラックまで運びますが、それもスタッフが担当してくれます。
体力や筋力に自信がない人は、邪魔にならない位置で待っていましょう。
自信がある人は、スタッフの手伝いをしてください。
すると早く作業が終了します。
邪魔にならないよう、気をつけましょう。


このコラムをシェアする